« マングローブ林 | トップページ | うへへ »

ウィットフィールド山

ここのところ縮小気味でしたが、何をしてるかというと、せっせと写真をとってました。
でもひらすらシギチの1Sを探しているので、なかなか整理ができません。おいおい。

さて、ケアンズ市内から歩いても行ける距離にありながらヒクイドリも暮らす探鳥地。ウィットフィールドを歩いてきました。ついでなので行程を紹介します。ケアンズの植物園の裏山にある手軽な探鳥地です。空港から町に向かうと、すぐそこに見える山です、
ムナグロヤイロチョウが暮らしていたり、雨季にはシラオラケットカワセミが繁殖したりもします。ヒクイドリ、最近は確実な目撃例はないです。

植物園脇に入り口があります。
耐水の紙に印刷した地図もおいてあります。

Dsc_6179

高低差は300m以上あって結構きつい部分もあるので、そのつもりで。


Red Arrow とBlue Arrowの2コースあります。山を歩くのはBlue Arrowのほう。一回り5kmくらい。

Imgp2494

Imgp2493_2

道に迷って死にかけた人もいるので道を外れないようにという警告。
基本的には一本道です。

Imgp2480

周回なのでどっちに行ってもいいんだけど、いつも右回りで行きます。


道はこんな感じ。
Imgp2483

Dsc_6174

乾燥したところから熱帯雨林までいろいろな環境が楽しい。

Dsc_6167

この沢沿いはよくシラオラケットカワセミがいる。

時々案内表示がある。

Imgp2484
ちょっと距離が伸びてるけど気にしない。

Imgp2491

いつも行くか悩む展望台。乾燥した環境なのでそれなりに面白い。
この看板のあたりでよくムナグロヤイロチョウを見ます。

こんなとこ
Dsc_6170

展望台からの景色。

Dsc_6169

終止、いまいち開けない感じなので、ここで一休みする方が気分はいいかも。蚊もいないし。


Dsc_6175

帰り道からのケアンズの風景。


夏場はかなりしんどいです。乾季の間はけっこうさくさく歩けると思います。
鳥を見るなら夜明けには登り始めてた方がいいかな。

鳥の写真を撮るには向かない場所ですけどね。見るだけなら色々います。

道は一本道で、案内の無い分岐はありません。時々道がわかりにくい部分もあるので注意しましょう。

|

« マングローブ林 | トップページ | うへへ »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マングローブ林 | トップページ | うへへ »