« しばらくぶりでした | トップページ | 今年4度目の。 »

仕事終了。

今回もオーストラリア一周1ヶ月ツアーのケアンズあたりを担当。
同行ガイドのジョンはオーストラリアで見てないのがあと7種っていうベテラン。ってことで僕は基本運転手。

ツアーは長期間なので固有種を中心に探して回る感じで。オウゴンニワシドリとか、ハバシニワシドリ、ムナオビエリマキヒタキなんかの派手なところからヤマトゲハシムシクイとかメグロヤブムシクイとかの地味なところまで。

Jun_2367

一応順を追っていくと、最初の2日はテーブルランドの南のほうで探鳥。

ヘイスティ湿地にサザナミオオハシガモがいた。

Jun_2372


夜はとある有名宿に宿泊。

Jun_2211

シュガーグライダー/フクロモモンガの餌付けで有名なChambers Lodge。
もともと住んでるとこの木に毎晩ハチミツを塗ってるので遊びにくる。宿泊するとまあ確実にであえるらしい。でも基本最低3泊からなのでやや利用しにくいかも。

敷地はかなりうっそうとした雨林なのでいろいろな生き物がいて楽しいです。
意外ととカエルが多かった。

Jun_2226

Green-eyed Treefrog [ Litoria genimaculata ]
この辺の標高ではもう絶滅してると思ってたのでたくさんいてびっくりだ。

Jun_2165

Striped Marsh Frog [ Limnodynastes peroni ]
ようやく鳴き声を確認。

やっぱり夜のバーベキュー場で鳴いてたのはこいつだった。

この辺りで、固有種12種のうちシダムシクイ、メグロヤブムシクイ、ヤマトゲハシムシクイ、シラフミツスイ、キスジミツスイ、ハイガシラヤブヒタキ、ムナオビエリマキヒタキ、ムナフモズツグミ、コウロコフウチョウ、ハバシニワシドリ、オウゴンニワシドリの11種を確認。

次は内陸に移動です。

|

« しばらくぶりでした | トップページ | 今年4度目の。 »

ケアンズの自然」カテゴリの記事

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しばらくぶりでした | トップページ | 今年4度目の。 »