« 10年選手 その3 | トップページ | Ross Storey 氏を偲んで。 »

ジョージタウン

今年何度目かのジョージタウン。以前の記事はこれこれ
いやー、暑かった。日陰で40℃って、日向はいったい何度あったんだろう…?
日中はただひたすら耐えるのみ。日の当たる面積を最小にして波紋防御…。できないけど。



2ヶ月前と比べて、ノドアカムジミツスイがやたらと多い。

Jun_0373

とにかく至る所に。

前回無かった水たまりにじゃぼじゃぼ飛び込んで水浴びしてた。やっぱり暑いからね。
水たまりでは他にもキイロコバシミツスイや、クロオビミツスイ、ハイイロツチスドリ、夕方にはハチクイなんかも水浴びに来てて1日にぎやかだった。

Jun_0396

水辺にたたずむクロオビミツスイ [Cissomela pectoralis]


ハイイロツチスドリもとにかく多い。

Jun_0407

キバシキンセイチョウ、キンセイチョウ、カノコスズメ、キンカチョウなんかも。

Jun_0495
キバシキンセイチョウ[Poephila personata]


Jun_1112
キンカチョウ[Taeniopygia guttata]


やっと電線じゃないところにとまってるコシアカショウビンが見られた。

Jun_0640
コシアカショウビン[Todiramphus pyrrhopygia]


Jun_0576
アカマユホウセキドリ[Pardalotus rubricatus]

いや普通にしてたらかわいい小鳥なんだけど。


とにかく乾燥したところで

Jun_1001
タテガミガン[Chenonetta jubata]
の、後ろから

Jun_0997

ノブタの群が…。

あと

Jun_0584

ケナガワラルーとか。

まだ同定してないドラゴンとか、

Jun_0965


しかしこの日は目当てのセキセイインコ・オカメインコに出会うことはなく。
気を失ったように眠り、翌朝、





Jun_1043

なんとかセキセイインコ登場。

Jun_1057

さて何羽いるでしょう?
こうなるとわかりにくい。あれが保護色になるんだから不思議だ。


この池はバードウォッチャー以外にも、キャンプサイトとして有名なのか、常にキャンピングカーが。
ゴミ箱以外何も無いけどね。しかし、オーストラリア人のキャンプは相変わらず。
人が謙虚にならないキャンプなんて行く意味ないと思うけどねぇ。


|

« 10年選手 その3 | トップページ | Ross Storey 氏を偲んで。 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10年選手 その3 | トップページ | Ross Storey 氏を偲んで。 »