« あけましておめでとうございます | トップページ | ツバメ色々。 »

ことしはカエル年?

Jun_0341

そんな干支は無いですけど。
新年最初のお出かけはカエル探しでした。

行き先はバードウォッチングでおなじみのマウントルイス。
道中、オーストラリアトラツグミを10個体以上見て、もう一年分見た感じ。
ナンヨウセイコウチョウも確認しただけで6羽。あちこちででてきたので、もしかして20羽くらいいたんじゃないだろうか。フヨウチョウと一緒に群で動いてたので全部は確認できなかったけど。

どちらにしろ、薄暗くて雨だったので写真は撮れず。

で、本題のカエル探し。

ターゲットはジムグリガエル科オセアニアヒメアマガエル属。Nursery-Frog と呼ばれてるやたら小さい連中でした。大きさはあっても2cmくらい。だいたい1cm前後。

夜が更けてからヒルだらけの森でカエル探し。いたる所で鳴き声がするんだけど、全く姿は見えない。
1匹見つけるのに早くても30分かかる。
いずれも標高の高い熱帯雨林の限られた範囲にしかいないので遠からず絶滅が予想されてます。

で、
こんな感じ。

Jun_0257

Jun_0293

Jun_0313

Cophixalus bombiens C.hosmeriC.aenigmaのはずなんですけど。いや、小さすぎだよ。探すのは手伝えるけど同定はとてもとても。ルーペ持っていかないと。声は意外と大きくて、かつ種類によって全然違うので、もっぱら声で判定できるらしい。

他にも、

Jun_0332

Carbine Barred-Frog [Mixophyes cabnensis]
これは6cmくらいあるのでわかりやすい。
2006年にわかれた種類。

後ろ足。

Jun_0339


こっちがもとのNorthen Barred-Frog [Mixophyes schevilli]

Jun_0354

後ろ足、

Jun_0358


ポッサムとかは全く姿を見せず。雨だしね。
ツチボタル(通称)がきれいでした。あと林床には光る菌類がたくさん。地面の1/3がぼんやりと光ってる感じでとてもきれい。

Jun_0223

中央左上くらいの黒いふちの半透明の線虫みたいのがツチボタル(通称)。ヒカリキノコバエの仲間の幼虫。

あと、ライトトラップをかけてるおじさんがいた。

Jun_0285

クランダで見るのとは全然違うなぁ。

結局家に帰ったのは朝4時過ぎでした。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | ツバメ色々。 »

ケアンズの両爬」カテゴリの記事

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

徹夜って書いてあったからてっきりバードソンでもやっているのかと。

昨年は本当にお世話になりました。アイアンレンジキャンプは昨年一番の思い出かもしれないです。今年もどうぞよろしく。

投稿: willie | 2009.01.03 22:06

こちらこそよろしくです。
そういえば1日はそうでしたね。やってる人は見かけました。

投稿: Jun | 2009.01.06 07:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あけましておめでとうございます | トップページ | ツバメ色々。 »