« 往復7000円て… | トップページ | また隣が空き家に。 »

Shorebirds 2020

Jun_6885

Shorebirds 2020プロジェクトのワークショップがあったので行ってきました。
プロジェクトの詳細はこちらの公式サイトで。

乱暴に言うと、がんばって数えましょうというプロジェクト。啓蒙とデータ収集が主な目的。
報告を聞いてびっくりしたのは、そんなにカウントデータ少ないのか!ってこと。
調査地も想像してたのと桁が違う。土地が広大すぎて、カウントする人が少なすぎるという両方なんだけど。いやそれにしてもびっくりだ。一番トータルに近い数字が取れるのは越冬地なんだからここでがんばってもらわないと。


Jun_6899

ワークショップはかなり盛況で60人ほどが出席。知った顔もちらほら。
というか、

オーストラリア野鳥の会のクイーンズランド評議員のアランの司会で始まり、2020プロジェクトのレイニーさんがメルボルンから来ていてプロジェクトの説明とカウントの方法などについて解説。さらに20年くらいケアンズでシギチのカウントをしてたキングフィッシャーパークロッジのキースの識別講座が続き、クイーンズランド渉禽類研究会のデイビットがシギチ全般、主に渡りの話。
て、全員知ってる人じゃないか。鳥屋の世界も狭いからね。


基本、一般向けなのであまりマニアックな話は無かったけど、デイビットが衛星追跡したホウロクとオオソリの報告をしてたのと、他のひとは興味を惹かなかっただろう、オバシギ、オオソリが3歳まで渡りをしてないってのが気になった。

Jun_6902

参加者に配布されたブックレット。耐水紙でできてて、よくまとまってます。初めての人にはこれくらいの解説のほうが取っ付きやすいでしょう。公式サイトからA4判にレイアウトされたのがダウンロードできるそうです。僕がもらったブックレットはこの後のエクスカーションでさっそくあげてしまいました。

終了後はエクスカーション。というほどでもないですが、海岸でバードウォッチング。

Jun_6914

なになに?と立ち止まる人を巻き込んでの探鳥会。一時はかなりの人数に。
あまりの人だかりに警察も来ました。

こういうのも面白いですね。あまりマニアックな話が無かったのはしょうがないけどちょっと物足りない。オーストラリア渉禽類研究会の会議が9月にタスマニアであるんだよねー。オランダの国際の方はどううやっても無理だけど、こっちならなんとか…、無理かなぁ。

|

« 往復7000円て… | トップページ | また隣が空き家に。 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 往復7000円て… | トップページ | また隣が空き家に。 »