« ひさびさにディンツリーのクルーズに。 | トップページ | こんな時期に »

アサートン高原を一回り

知人を案内して、うちでアサートン高原南部と便宜上呼んでいる範囲を一回り。

Dsc_1466

これは最初のバリン湖で見つけたアメジストパイソン。

0045

ものすごい光沢。



チョウを期待していたのだけど、思ったより少ない。
カザリシロチョウの類いが何頭か飛んでた。

0048_2

見慣れないのがいると思ったらキオビカザリシロチョウ。初めて見た。


Rimg0005

大きなアワフキムシ。



アサートンに移動して、お昼ついでに2時からのマークのバードショウでものぞいてみようかと思ったら、時間が午前中に変わってた。ウッドワークスの食事はだんだん質が落ちてきてる気がする。


0058
ヒガシキバラヒタキ



0063

凄い勢いでエサをねだるフヨウチョウのヒナ。




この後はヘイスティ湿地に移動して、

0118

ウスユキチュウヒの若いのがカザリリュウキュウガモを脅かしてたり、


Dsc_1477

カザリリュウキュウガモが何やら言い争っていたり、


0101_2

ノドグロカイツブリが必死にエサを探していたり。
なんだか、まだ上手に潜れない様子。この間までヒナだった子かしら。


Dsc_1481

鶏と青鶏。




この後はタザリまでいって、カモノハシ。
カモノハシの写真はこの間撮ったので、池にいるヒメミツユビカワセミを。

0125

…遠い。

この間もらったここの薫製が美味しかったので、色々と入手。
うなぎの薫製はとても脂っこい。
美味しいんだけど、あまり食べられない。個人的にはどちらかというと珍味の部類。
普通にサラダに入れたりするらしいけど。
ナマズの薫製はまだ食べてないけど、サバの薫製とバラマンディの薫製の中間だそうだ。
気になってたスモークチーズは無かった。

|

« ひさびさにディンツリーのクルーズに。 | トップページ | こんな時期に »

ケアンズの両爬」カテゴリの記事

ケアンズの鳥」カテゴリの記事

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひさびさにディンツリーのクルーズに。 | トップページ | こんな時期に »