« ついに禁断の… | トップページ | こっちは育ってます。 »

残念…。

Jun_3124a

アカチャアオバズクのヒナが死体で発見。

卵の殻が異様に薄いのでそのせいでしょうか。
もう孵化寸前という感じだし、孵化途中で死んでしまったのかも。

巣の下にあったし、見た目もフクロウだし、間違いないでしょう。

Jun_3145a

ヒナとは思えない立派な足。

さて、アカチャアオバズクは、産んでも3卵。
すでに一つは先週落ちてたので、これで残りはあっても一つ。
うまく孵って巣の中で生きててくれると良いのですが…。

-------------------------------------------------------------------
追記
夕方から様子を見に行ってみましたが、いくら待っても動き無し。
あれが最後の卵だったとすると、もう巣には戻ってこないので、そういう事なんでしょう。
残念です。フクロウに遠慮して中断してたマングローブ伐採も再開する様子。

|

« ついに禁断の… | トップページ | こっちは育ってます。 »

ケアンズの鳥」カテゴリの記事

コメント

残念でしたね。ケアンズ滞在中Centenary Lakesで鳥見をしていたら、自転車で回っている職員の人が手招きしてPapuan Frogmouthの場所を教えてくれました。その時携帯端末でRufous Owlの写真を見せてくれたのですが、雛が死んで今はもういなくなってしまったと言っていたのはこのことだったのですね。Junを知っているかと向こうから尋ねてきました、Junさんも有名人ですね(^^) その人は今度Iron Range / Cape York方面に行くと言ってました。多分良くご存じの人でしょうね。

投稿: Reddragon | 2009.12.10 00:53

Reddragonさん、どもです。
あの人は職員に見えますが、違うんです。あの格好でしょっちゅう回ってたらどう見ても職員ですけどね。

私が有名というわけではなく、彼と一緒にアカチャを見はって?たのでそのせいでしょう。彼はアイアンレンジに別荘があるんですよ。

投稿: Jun | 2009.12.10 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついに禁断の… | トップページ | こっちは育ってます。 »