« センテナリーレイクの様子 | トップページ | 外食 »

ニューギニア入門ツアー そのいち

Dsc_3208

5月は前半ニューギニアに行ってました。レポートはまた別の場所で書きますが、今回は一応仕事でカメラをもっていってるのでこちらにも写真をざっと。

1週間区切りでツアーを2つ。さわりだけという感じで有名な探鳥地を駆け足で。
もともと社名がニューギニアの鳥からとってるくらいでいろいろ行くとこはあるんですが、1週間でというと変なところにいく余裕はないのでメジャーどころです。

とりあえず前半は日本からのツアーでもおなじみのブラウン川周辺、バリラタ国立公園、PAU、マウントハーゲンです。サブリーダーということで、写真をとるのも仕事のうち。


ブラウン川周辺ではヒノマルヒメアオバト、オオハナインコ、アカガオインコ、ホオグロイチジクインコ、アオバネワライカワセミ、ラケットカワセミ、アオパプアムシクイあたりが目玉でした。

Ptilinopus_iozonus_2
ヒノマルヒメアオバト

Eclectus_roratus_1
オオハナインコ





続いてバリラタ国立公園。2日にわたって。
アカカザリフウチョウのレックがあるので有名です。あとチャガシララケットカワセミ。

Paradisaea_raggiana
アカカザリフウチョウ

Tanysiptera_danae_2
チャガシララケットカワセミ


他にはアカボシヒメアオバトとヒノマルヒメアオバトの群がいたことと、バラムネミカドバト、オトメズグロインコ、チャバラワライカワセミ、パプアシワコブサイチョウ、キンガオモズガラ、カタジロオーストラリアムシクイ、シロエリズクヨタカ、ズグロモリモズ、ユキボウシカッコウあたりが派手目な方でしょうか。

Jun_3922
ヒメアオバトの群

Lorius_lory_1
オトメズグロインコ

Dacelo_gaudichaud
チャバラワライカワセミ


Malurus_alboscapulatus
カタジロオーストラリアムシクイ

Jun_3781
シロエリズクヨタカ


マニア向けだとネズミムシクイ、ハシジロヤブムシクイ、サンショウクイ系いろいろ、カササギビタキ系いろいろ、パプアオウチュウ、ゴクラクバトなど。

エリマキヒタキ[Arses telescophthalmus]はオーストラリアのArses lorealis(ケープヨークエリマキヒタキ*)と別種に。ハイガシラキミミミツスイ* [ Meliphaga cinereifronas ]もハシボソキミミミツスイとは別種になってるので興味深いところ。

Arses_telescophthalmus
エリマキヒタキ

鳥以外ではクスクスもいました。

Jun_3994
ブチクスクス




続いてPAU。
ここはサギ類、セイケイ、トサカレンカク、リュウキュウガモなどの水鳥と、公園の鳥といったところ。モズガラスやムクドリ系の鳥、チャバラニワシドリ、パプアガマグチヨタカなんかも。
昨年珍鳥で入ったカザリリュウキュウガモがまだいたのとスズメが定着しているのが興味あるところ。
大きな池のある公園といったていなので自由に写真をとったりするのによい場所です。キビタイヒメアオバトもいたりするし。

Lonchura_caniceps_2
ハイガシラヘキチョウ





最後はマウントハーゲンのクムルロッジ。
ニューギニアで唯一餌台にやってくる鳥を見てられる場所。

Dsc_3246

ニューギニアのバードウォッチングツアー向けの宿の成功例ですね。
後に続いてちらほらそういう場所ができてきていますが、アクセスが不便なこともあって、他の場所はまだメジャーではないようです。近く(といっても飛行機で)には有名なアンブアロッジというのもあります。

ここは餌台とその周りにチャイロカマハシフウチョウ、オジロオナガフウチョウ、カンムリフウチョウモドキ、パプアニワシドリ、キクビワインコ、オナガパプアインコ、カンムリハナドリ、キホオミツスイ、アオガオヤマミツスイ、オオセスジミツスイ、ワキアカスズメ、アカエリモズヒタキ、ハジロパプアヒタキなんかがやってきます。

Epimachus_meyeri_2
チャイロカマハシフウチョウ♂

Epimachus_meyeri_3
チャイロカマハシフウチョウ♀


Astrapia_mayeri
オジロオナガフウチョウ

Melidectes_belfordi_1
アオガオヤマミツスイ

Anthochaera_phygia
キホオミツスイ


Paramythia_montium
カンムリハナドリ


Charmosyna_papou
オナガパプアインコ

えーと、がんばってたシロハラアナツバメですが、

Collocalia_esculenta

このくらいでした。




宿の周りにコフウチョウ、アオフウチョウ、カタカケフウチョウ、フキナガシフウチョウ、シロジクオナガフウチョウなどのポイントがあります。キンミノフウチョウは声だけ。
しかし宿から離れた途端、鳥が遠いです。

Paradisaea_rudolphi
アオフウチョウ

Lophorina_superba
カタカケフウチョウ


などなど。スコープでなら堪能できる距離なんですが。
前半は姿を見たもので約180種。

|

« センテナリーレイクの様子 | トップページ | 外食 »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« センテナリーレイクの様子 | トップページ | 外食 »