« 定番図鑑の第8版 | トップページ | アサートン高原一日探鳥ツアー »

アサートン高原一日探鳥ツアー

Jun_8299

この時期に忙しい(とはいっても10日くらいしか働かないですが)のは珍しいですが、またアサートン高原を一回り。

ニュージーランドで森林保全関係の仕事をしているという二人。
ニュージーランドも「動物保護は10年すすんでるけど、環境保護は20年遅れてる。」とのこと。オーストラリアと同じ。

鳥の方はムギワラトキも増えたし、あちこちでツルとかオオノガンを見るようになって、冬っぽくなった。
チャイロハヤブサが来てないけど、あれかな、内陸でバッタ食べてるのかな。

ちょっと前に猛禽が繁殖活動をはじめたようだったけど、今のところ、抱卵している様子はなし。

|

« 定番図鑑の第8版 | トップページ | アサートン高原一日探鳥ツアー »

バードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 定番図鑑の第8版 | トップページ | アサートン高原一日探鳥ツアー »