« ぎりぎりセーフ | トップページ | ひさびさのミコマスケイ »

ケアンズのカワセミ

Jun_2803


この時期はカワセミ撮影の仕事依頼が多いです。
自分でレンタカーでまわる人も多いようですので簡単にまとめておきましょう。
多分ディンツリーに数泊するのが簡単なんじゃないかと思います。
カワセミ科とショウビン科はわけずに、珍鳥も除いています。

一枚目の写真はルリミツユビカワセミ
ケアンズ市内の水路、センテナリーレイク、キングフィッシャーパークロッジ、レッドミルハウスなど、時間をかければ割とみられます。
でも一番確実なのはディンツリークルーズでしょうか。1年中。

Ceyx_pusillus

ヒメミツユビカワセミ
乾季の間はセンテナリーレイク周辺でよく見られています。散歩の人が増える前の時間がいいでしょう。ディンツリークルーズでもよくでています。いずれにしろ10月〜2月の間はあまりみられません。

Tanysiptera_sylvia

シラオラケットカワセミ
10月末〜3月いっぱい。いる時期にはあちこちにいます。クランダの町を歩いててみることもあるし、ケアンズの植物園裏の山でも繁殖。
でも写真をとる人には敷地内で営巣しているキングフィッシャーパークロッジが人気です。

Dacelo_novaeguineae

ワライカワセミ
民家近くにいるので、住んでると普通に見るんですが、探すと意外と手こずったり。
ケアンズの近くではセンテナリーレイクが一番手軽でしょうか。キングフィッシャーパークロッジの果樹園にも。一年中。

Dacelo_leachii

アオバネワライカワセミ
ワライカワセミと比べると内陸の方に多いです。でも海岸の方にもいます。
植物園近くにもいたのですが、最近みてません。
マリーバの辺りを車で流していればどこかでみるでしょう。一年中。


Syma_torotoro

キバシショウビン
これはケアンズからヨーク半島の方にいかないと見られません。
日帰り圏内ではないです。


Todiramphus_macleayii

モリショウビン
一番数多く見るカワセミでしょうか。いろいろな場所でみます。
ディンツリー方向に行くとよく電線にとまっています。一年中。


Todiramphus_pyrrhopygia

コシアカショウビン
内陸の方に暮らしているカワセミ。ジョージタウンまで行けばなんとかなるので、一応日帰り圏内でしょうか。一年中。
乾季の間はケアンズのほうにもやってきて、マリーバ辺りでも見ます。今年は来なかったようですが。

Todiramphus_sanctus

ヒジリショウビン
乾季の間はケアンズの海岸でよく見ます。干潟に降りていることも多いです。
雨季の間は移動してしまうので、海岸の個体は見なくなりますが、一応ケアンズ周辺で一年中見られています。

Todiramphus_chloris

ナンヨウショウビン
センテナリーレイクのマングーブか、海岸沿いのマングローブでよく見ます。一年中。
よく鳴いているので声をたよりに探すと簡単でしょうか。

|

« ぎりぎりセーフ | トップページ | ひさびさのミコマスケイ »

ケアンズの鳥」カテゴリの記事

コメント

ヒメミツユビカワセミがとても綺麗な青色でびっくりしました!
可愛くて綺麗で素敵ですね( *´ω`* )

投稿: 轍 | 2015.08.24 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぎりぎりセーフ | トップページ | ひさびさのミコマスケイ »